スポンサーサイト

2017.02.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    明日…てか、今日

    2009.11.08 Sunday

    0
      私の親友が、大事な試験を受けにいきます。
      私が言いたいのは、どうかベストなコンディションで会場に向かって欲しいということ。それだけです。

      合否とか、結果は良いんです。
      あれ?って思われるかもしれませんが、私は彼女を信じています。いろんな意味で。

      私も過去、たくさん資格試験を受けました。
      そしてことごとく落ちました。
      私はいわゆる負け組なのかもしれません。
      でも大きな挫折を味わい、どん底を見つめ続けて得たものもたくさんたくさんあります。
      あの日々があったからこそ、今の私がいると言っても過言ではありません。

      私は試験の合否なんて上辺だけのものじゃない、生きていく上での彼女の底力を信じています。
      だから心配なんてしないからね。
      次に会った時には、また笑顔で語りまくろうな!!

      久しぶりにすごいやつ

      2009.07.13 Monday

      0
        母が子供の頃の話なんですが。
        近所に出入りしていたクリーニング屋のおばちゃんが書く伝票が意味不明だったそうです。
        例えば「大和」。
        何かわかります?


        …正解は
        「オーバー」
        でした(爆)。
        見たかったなあ、生の伝票ヾ(^_^;。

        嫌な遺伝子

        2009.06.13 Saturday

        0
          映画「ロード・オブ・ザ・リング」が公開されてた頃の話なんですが。
          ウチの母は前にも書きましたように、カタカナが読めません(涙)。なので勝手に
          「リング・オブ・ザ・ワールド」
          と改題しやがりました(爆)。
          まあこのレベルならまだ何のことだか(一応は)分かるので、ギリギリ許せるのですが。

          ある日気がついたら
          「リング」
          と呼んでいました…d(-_-)
          それは全く別の作品だと思うのですが…。

          そんな母ですが、母の母(私の祖母)は85歳のいまでもまだまだ元気です。
          何度教えても、今年の大河ドラマは「天地・ひと」だと思い込んでいますが…
          遺伝か?

          とにかく日本語が雑な家族です(涙)

          すごい奴(レベル1

          2009.04.22 Wednesday

          0
            なぜか私の周りには思わず「すげえ!」と言ってしまいたくなる面々が多い気がするのですが、今日はそのうちの1人をご紹介したいと思います。

            それは馴染みの整体師のおっさんです。おっさん先生と私はもう3年くらいの付き合いでして、10日に1回くらいの頻度で整体通いを続けています。
            で、この先生、以前は美術関係の学校を卒業されたそうでして。
            更に、私と同じく占いが趣味でして。
            なんと、学生時代に自分でタロットカードを作ってしまったそうなんです。 

            で、それだけでもすごいな〜と思ってたんですが、この話には続きがありまして。
            なぜか先生の知り合いに、黒魔術に凝っていた友人が3、4人いたらしいのですが(なぜ・・・)。
            その人たちが、先生自作のタロットの目覚めの儀式だか命を吹き込む儀式だかをやったらしいのです・・・( ̄∇ ̄|||)
            で。

            先生「いや〜死ぬかとおもったよ(T▽T)ハハハ」

            ・・・何があったんだ・・・

            ちなみにこの話には続きがありまして。
            先生はそのタロットを封印していたらしいのですが、そのタロットをどうしても譲ってくれと友人に頼まれたんだそうです。
            で、渋々渡したところ。
            友人宅は小火にあって友人は死にかけたそうです・・・((;゚Д゚))ガクガクブルブル

            ま、偶然かはわかりませんが。

            「すごい奴」シリーズ、まだまだ続きます(多分)。
            1